海産物のマリネ「セビッチェ」

南アメリカの大陸の南西の部分および太平洋に面し、アンデスを見下ろす長く細い
カントリー…それがチリです。

それは、さらにイースター島、パタゴニアおよび純粋なほこりワインで知られており、
ここでカトリック教徒が、公用語に対してスペイン語のための大多数を持っている国です。

チリの地図にあるアルゼンチンあるいはブラジルと同様にパステル・デチョクロパステル・
デチョクロダストも、ヨーロッパあるいは先住民との雑種のものに加えて中東からの
移住の国です。

パリジャーダ(焼肉)として食べる牛肉に加えて海および鶏に面したので、シーフードは
しばしば食べられました。

また、海からの様々な珍味は、主要なサンティアゴにあるメルカドマリスコス(海産物市場)
とのラインに位置します。

アワビ、ウニ、クォーホグ、小エビ、それにチョロスと呼ばれる巨大なムラサキイガイ
であるが、酒保の販売品、それは魚介類料理を食べさせる東京の築地市場の
サンティアゴのメルカドマリスコスでは、そのような魚および甲殻類を使用する典型的な
前菜皿にはセビッチェ(海産物のマリネ)があります。

このようにチリ料理は、海産物が多いものであるようです。
特に、セビッチェ(海産物のマリネ)はとても美味しいですよ♪

copyright(C)チリレシピ