トウモロコシを使ったチリ料理

チリ料理には、さらに他の南アメリカの国々のように、先住民が食べていたトウモロコシ
のなどの料理がとてもポピュラーで、さらに料理の様々な変化があります。

例えば、オーブンの中で焼かれたパステル・デチョクロの他にも、成分上のトウモロコシ
のペーストをカバーしたものや、ゆで卵、肉、オリーブ、また玉ねぎ、またウミータ(Humita)
トウモロコシを押しつぶして、玉ねぎ、トマトおよび香辛料で沸騰させられた料理がメイン・
ディッシュとしてあります。

そうでなければ、ウルポ(ミルクから作られた、燃えた小麦粉およびオートミールはゆでる)
の影響およびスペインの食品に従ったエンパナーダ(小麦の種子で、肉、ハム、チーズ
および野菜のような成分を包み上げたスナック)、錠剤錠剤など(行き、ニンニクを使用した
熱したオリーブオイルに魚、甲殻類などを食べる料理)は、しばしば食べられます。

スペイン料理について言えば、気分は全体的に有名なワインに加えてブドウのピスコ、
ハーブティーのアグィータス(Aguitas)、マテ茶など(イエ・ルバ仲間)はポピュラーです。

一度食べたらクセになると思いますので、気になる方は一度チリ料理をお食べになって
みては?

copyright(C)チリレシピ